Skip to content

「絶対」って気持ちを固めた大事な一日。

たぶん自分で動かないと何も変わらない。やりたいことやるんだ。みんなが進路で悩んでいるのに何やってるんだって気持ちがあった。「将来」。

その言葉は昔よりも現実的になってきたしアイドルになりたいって漠然とした気持ちじゃアイドルにはなれないっていうのが分かった。

でも私は歌ったり、舞台に立ったり人を喜ばしたり、笑わしたりするのが好きなんだって事もやっと確信できたんだ。だから何もしないままアイドル志望なんて言ってられない。

夏休み中、インターネットでオーディションの告知を探した。告知は沢山あったけど好きな女優さんが所属している事務所のオーディションに申し込んだ。

書類審査があって自分の写真とプロフィールを送った時、やっと前向きになれた。実行する前はやっぱり怖いし、悩んでばかりだったけどいざ送ったら後は自分を信じなきゃって気持ちで強い気持ちでいられたんだ。

書類審査は大体合格するって話を聞いた事があるけど、事務所から合格の電話があった時は高校を受かった時より何倍も嬉しかったな。

それから事務所で二次面接の実技試験があるって言われて、面接前日は緊張しすぎて全然寝れなかった。実技は台本を渡されて台詞を一人で読むんだけど、あれは絶対に100%の私じゃない(笑)って思った。

だって緊張で上手く発声出来ない。でもプロのアイドルとか女優さんはどんな状態でも100%出すんだろうなって思って自分の未熟さを思い知ったいい経験だったって思う。

試験結果は研究生としてなら合格って言われて研究生になるか違うオーディションを受けるか悩んでいるけど、今回のオーディションを受けてアイドルになりたいって気持ちは絶対に揺らがなくなった。

気持ちが卒業前に固まって本当に良かったって思う。

Comments are Closed on this Post